協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 2017年/平成29年 6月例会

協同組合尼崎工業会 青年経営研究会|活動報告
協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 活動報告 > 2017年/平成29年 6月例会

2017年/平成29年 6月例会

2017年06月07日

平成29年6月7日(水)午後6時30分より、6月例会を都ホテルニューアルカイック2階会場にて開催。
例会担当は橋本副会長グループの分科会2。

 今回の例会テーマは「最強のチームワークを創る体感型講座」~関係の質を高め、変化に強いしなやかな組織づくりのヒントを体感!~
と題し、有限会社ソウルメイト 代表取締役 茶原 忠督(ちゃばら ただよし)氏を講師にお招きし、参加者31名にて実施。

講師 茶原氏はアウトドアと教育を基本スタンスとし、茶原氏自身がスノーボード日本トップの世界で培った経験を活かし、夏はアドベン
チャー教育プログラムをベースとした企業研修、チームビルディングなど非日常、非連続、未知の体験を活かしての研修事業、講演等
に取り組んでおられる。

今回の講義では、コミュニケーションやマネジメントの向上について、体を動かし、またグループ毎でのディスカッション等を通して学んだ。

~参加者からのご感想~
 ○今回の話はなるほど感は今までの誰よりもあったように感じました。講師ご自身がトップアスリートでそこから経営者になられて成功と
  失敗を経験され、私と同じように創業者で共感できるところがあり素直に言葉が入ってきました。
  特に人の為は偽りという言葉響きました。それと人に気づいてあげる大切さを感じましたし、今後参考にしていこうと思いました。

 ○リアルな実経験での内容だったので、分かり易かったし共感が持てました。体を動かすことの原理と経営に結びつける斬新さは新鮮
  でした。

 ○一人一人考え方は違うという前提を持った上で、寄り添っていこうとする姿勢は常に持ちたいと改めて感じました。
  また、日々誰かに支えられている事も改めて感じました。周りの皆に日々感謝していきたいと思います。

例会後は講師を交え恒例の情報交換会を開催。
情報交換会ではオブザーバー参加者の紹介や今般代表取締役に就任されたメンバー向井氏からこれからの抱負が述べられた。

この記事の Share はこちらから:


関連記事

ページのトップへ戻る
');