協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 2017年/平成29年 2月例会「ベトナム経済視察」

協同組合尼崎工業会 青年経営研究会|活動報告
協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 活動報告 > 2017年/平成29年 2月例会「ベトナム経済視察」

2017年/平成29年 2月例会「ベトナム経済視察」

2017年02月16日

◇視察期間
  平成29年2月16日(木)~19日(日)2泊4日(機中1泊)

◇視察先
  ・16日(木) 日本貿易振興機構ホーチミン事務所、みずほ銀行ホーチミン支店
  ・17日(金) フーミー3工業団地 バリアブンタウ省人民委員会計画投資局、大阪富士工業㈱、
        日成化学鍍金工業㈱、セイコー化工機㈱、G-メタル㈱、ザ・サポート㈱
  ・18日(土) ㈱永松製作所、ロンハウ㈱

 

平成29年2月例会として、「ベトナム経済視察」を実施した。当会における海外視察は平成元年(1989年)3月に台湾の台北市工業団地視察の記録があり、今回は約30年振りにて、また現在の構成メンバーでの初の海外視察となる。
今回の視察は第15代会長の日成化学鍍金工業㈱ 代表取締役 中島秀和氏がベトナムへ工場進出をされ、研究会メンバー企業の、そして同じモノづくり中小企業の海外進出について学ぼうということがきっかけで企画され、総数21名の参加者及び随行事務局1名で実施された。
視察先については、日成化学鍍金工業株式会社の他、同会メンバー企業で当会会員でもある大阪富士工業㈱、㈱永松製作所をはじめ同国行政機関を含め全11企業・機関を視察及び表敬訪問を行った。

(第1日目)
16日(木)午後空路にてホーチミン市に到着後、日本貿易振興機構事務所へ移動、同所にてベトナム及びホーチミン市の経済状況等につき講義を頂く。また同所と同じビルに入居するみずほ銀行現地支店担当者より挨拶を頂いた。
その後夕方にホテルに到着、夕食時には㈱永松製作所 永松専務(青年経営研究会メンバー)と現地工場長レイ氏も参加され、参加者一同食事を楽しみながら懇親が行われた。

(第2日目)
現地時間7時30分にホテルを出発。視察参加者の他、㈱永松製作所のお二人の他、現地にて合流の研究会メンバーやメンバー企業現地事務所のマネージャー、みずほ銀行担当者、バリアブンタウ省人民委員会ジャパンデスク担当者が同行。車内にてジャパンデスク事務局担当者より、視察先のフーミー3工業団地の概要,日本企業の進出について解説を頂いた。工業団地到着後は同事務局日本企業支援課長より団地が所在するバリアブンタウ省がベトナム国内で社会インフラも充実した地域であり、また同国南部最大の工業区として海外資本による投資で石油化学や鉄鋼産業が活発である、海外からの投資では日本はアメリカ、カナダ、タイ、韓国に次ぎ5番目に多い等の説明や、団地総面積が約1000haもあり、電力、水道等のインフラ環境が国際水準のものが用意されている、また進出企業への優遇税制措置等を詳細にな説明を頂いた。
次にバリアブンタウ省の本庁舎へ移動し、人民委員会計画投資局へ表敬訪問。尼崎工業会を代表し、片谷副理事長(青年経営研究会前副会長)、当会を代表し中島会長よりそれぞれ挨拶があり、人民委員会側は経済発展投資部副部長が代表挨拶を頂き、視察メンバーとの意見交換が行われた。
投資局にあるジャパンデスク事務局はバリアブンタウ省に進出を検討している日本企業や、既に進出している日本企業のサポートをする為に作られた部署であり、同省では日本のみがこのような部署を持っている。2014年には高速道路が開通しホーチミン市からアクセスしやすくなり、また数年後には新しい国際空港が開港するので空港へのアクセスも非常に良くなるので、企業にとってより便利になる環境になる等紹介があった。
表敬訪問後、昼食をはさみ、ベトナム大阪富士工業㈱へ訪問。同社近藤社長、矢野工場長より同社のベトナム展開につき話を伺い、その後見学と意見交換が行われ、特にベトナム人従業員の受入等につき参加者より質問が多く行われた。
続いてのロンドウック工業団地では日成化学鍍金工業㈱、セイコー化工機㈱、同団地内にて日系中小企業をサポートするザ・サポート㈱、同社運営のレンタル工場と工場内にあるG-メタル㈱の視察を行った。ザ・サポート㈱では中小企業向けのレンタル工場の概要及び中小企業が進出する際には、確固たる経営戦略を持って考えて行動することが大事である等話を頂いた。
以上にて2日目の視察は17時に全て終了、ホテルへ戻り参加者一同にて懇親を行った。

(第3日目)

現地時8時30分にホテルを出発し、9時40分にロンハウ工業団地内の㈱永松製作所へ到着。
同社では永松専務、レイ工場長、チュエット事務長より同社の概要説明を受け、工場見学を行った。
また、同工業団地の運営企業ロンハウ㈱の事務所・ショールームを見学。同社のマネージャーより説明頂いた。
以上、午前中にて視察は全て終了となった。

昼食後、メコン川観光や市内観光を行い、本視察を締めくくる最後の夕食会を行った。
メンバーはそれぞれ、本視察での思い出話を賑やかに語り合い、盛況な会食となった。
夕食後、空港へ移動し、現地0時発の飛行機にて空路日本へ。
関西国際空港には6時40分に到着。
同空港にて、中島会長より最後の挨拶があり解散し、視察終了となった。

この記事の Share はこちらから:


関連記事

ページのトップへ戻る
');