協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 青研とは?

協同組合尼崎工業会 青年経営研究会|青研とは?
協同組合尼崎工業会 青年経営研究会 > 青研とは?

協同組合尼崎工業会 青年経営研究会
 会長あいさつ

この度「青年経営研究会(青研)」の第18代会長を拝命致しました伊藤でございます。
当会は、尼崎工業会で現在5つある自主運営グループで最も古いグループであり、50歳迄の経営者・後継者・経営幹部同士の相互啓発や情報交換、経営知識の向上、会員間の交流を図ろうと、毎月定例会や情報交換会を開催しています。
私自身がこの青研に入会したのは7年程前になります。
この間に3人の会長のもとで会の活動に参加致しました。
入会時、第15代である日成化学鍍金工業株式会社の中島社長が会長を務めておられ、中島会長の朗らかなお人柄がそのまま会のカラーとなり、メンバーがいつも明るく笑い声の絶えない会でした。
次に会長となられた株式会社ミナミテックの南社長は笑顔と調和で会員の皆さん同士が自然と交流・懇親を深める事が出来る雰囲気づくりをされていました。
そして、続く株式会社ナカムラの中村副社長はより一層の会の深化を図られ、新型コロナウィルス感染症という予期せぬ事態の中、何か出来ることが無いかと必死に考え、メンバーが交流をできるよう誰よりも熱く考え抜かれていました。
今回、会長を務めるにあたり、最も強く思ったことが、青研の精神と歴史を脈々と繋ぎ、会の発展を続けて来られた歴代の会長の思いと志を引き継ぎ、会とメンバーの発展と成長を目指し、メンバーと共に進みたいという事です。
当会はその時の会長の想いを表したスローガンがあります。
私のそれは『レッツゴー青研!!飛翔~さらなる高みへ~』です。
現在のコロナ禍の中、そして今後も想定できない事態の中であってもメンバーと共に『さらなる高み』を目指し次へのステージに行き、振り返った時、自慢話のできる会にしていきたいと強く望みます。
尼崎工業会の皆様、関係者の皆様そして諸先輩方におかれましては、当会への今後とも変わらぬご支援ご協力を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

尼崎工業会青年経営研究会 
第18代会長 伊藤 泰弘

青研 団体概要

正式名称協同組合尼崎工業会 青年経営研究会<通称:青研(せいけん)>
所在地〒660-0881
尼崎市昭和通2丁目6-68
尼崎市中小企業センター6F
協同組合尼崎工業会事務局内
電話番号06-6401-1074(尼崎工業会事務局)
FAX06-6401-1419(尼崎工業会事務局)
会員数52名(令和3年4月30日現在)
設立年1983年(昭和58年)7月
会長伊藤 泰弘
副会長黒田 英登
西口 元晴
瀬口 勝弘
柏木 亮太
若本 賢治
会計監査北住 小夜
基本理念『レッツゴー青研!! 飛翔 ~更なる高みへ~』
目的本会は、明日の地場産業を担う青年経営者、後継者、幹部の相互啓発、情報交換、連携を図ることを目的とする。
事業内容・会員の相互啓発並びに共同研究
・経営者団体並びに優良企業幹部との意見交換
・講師招聘による研究討議
・優良事業所の視察
・県外の青年経営者と懇談
・その他
会員資格本会の趣旨に賛同した尼崎工業会会員事業所における満50歳以下(年度終了時点)の経営者、後継者、幹部で構成する。
関連組織協同組合尼崎工業会(母体:尼崎・阪神地域のものづくり企業の経済団体)
■尼崎工業会各自主運営グループ
AE研究会(経営者夫人・女性経営者の会)
TM研究会(中堅社員・幹部の会)
NL研究会(40歳迄の後継者・後継候補者の会))
土筆会(経営の第一線に携わる方の会)
加入団体兵庫県中小企業青年中央会

青研のあゆみ

1983(昭和58)年7月創立総会
記念講演会「ヨーロッパより帰って」
講師:初代会長 瀬良二郎氏(株式会社セラ)
1984(昭和59)年9月西淀川青年重役会との交流始まる
1984(昭和59)年11月ゴルフ会「第三回纜会」開催(旭国際東条カントリークラブ)
1985(昭和60)年4月
第2期定時総会  第2代会長に清水政義氏(清水電設工業株式会社)
1986(昭和61)年7月海外経済視察実施(台北市工業団地)
1989(平成1)年3月清水政義氏を祝う会「日刊工業新聞社制定(青年経営者賞)受賞記念パーティー」
第6期定時総会 第3代会長に寺田稔氏(株式会社シンエイテック)
1990(平成2)年3月第7期定時総会 第4代会長に石山喜一郎氏(株式会社朝日製作所)
1991(平成3)年3月第8期定時総会 第5代会長に池邉善夫氏(有限会社池辺鉄工所)
1993(平成5)年7月創立10周年記念事業「鳥人間コンテスト」出場(パイロット 髙丸正氏)
人間飛行機部門(79.5m)第6位奨励賞受賞
奨励金5万円は読売テレビ「24時間テレビ“愛は地球を救う”」を通じ寄付
1993(平成5)年11月創立10周年記念式典
第一部 記念パネルディスカッション「青研:過去から未来へ」
第二部 懇親パーティ
1995(平成7)年3月第12期定時総会
第6代会長に中本正雄氏(阪神ブレーキ工業株式会社)
1997(平成9)年3月第14期定時総会
第7代会長に山岡清一氏(東洋プレス工業株式会社)
1998(平成10)年11月創立15周年記念事業「小椋佳・歌談の会」
※尼崎商工会議所青年部(創立5周年記念事業)・尼崎商工会議所青年経営研究会(創立10周年記念事業)共催
2000(平成12)年3月第17期定時総会
第8代会長に栂村明紀氏(興和金属株式会社)
2001(平成13)年3月第18期定時総会
第9代会長に古川滋昭氏(京阪神金属株式会社)
2002(平成14)年3月第19期定時総会
第10代会長に大附一彦氏(新建設工業株式会社)
2004(平成16)年5月創立20周年記念事業 講演会・パネルディスカッション「尼崎の中世の歴史」
※記念製作パネル「摂津の国・あまがさき」を尼崎市に寄贈
2006(平成18)年3月第23期定時総会
第11代会長に平山昭二氏(ショートク株式会社)
2008(平成20)年10月創立25周年記念事業講演会「次世代高速車両の開発」
※兵庫県中小企業団体中央会・伊丹菱栄会・川重車両(協)共催
兵庫県中小企業青年中央会後援
2009(平成21)年3月第26期定時総会
第12代会長に西良耕一氏(株式会社西壱金属)
2012(平成24)年3月第29期定時総会
第13代会長に田中則彰氏(丸一興業株式会社)
2013(平成25)年3月第30期定時総会
第14代会長に片谷 勉氏(株式会社特発三協製作所)
2013(平成25)年11月創立30周年記念式典
第一部 記念講演会『私はこんなことを考えながら
「強い町工場」を創りました』
講師 株式会社エーワン精密 取締役相談役 梅原勝彦氏
第二部 懇親パーティ
2016(平成26)年2月創立30周年記念事業
「経済視察《東北・石巻》」
2015(平成27)年3月第32期定時総会
第15代会長に中島秀和氏(日成化学鍍金工業株式会社)
2016(平成28)年11月尼崎市市制100周年記念事業「あまがすきハーフマラソン」へ有志メンバー参加
2017(平成29)年2月2月例会「ベトナム経済視察」
2017(平成29)年3月第34期定時総会
第16代会長に南 友広氏(株式会社ミナミテック)
2019(平成31)年2月2月例会「創立35周年記念事業ベトナム・タイ経済視察」
2019(平成31)年3月第36期定時総会
第17代会長に中村誠作氏(株式会社ナカムラ)
2019(令和元)年10月自主運営グループ10月合同例会担当
「激変に備える イノベーションのおこし方~社内で実践!最強のあたり前~」
2020(令和2)年3月第37期定時総会 新型コロナウィルス感染症拡大の影響により開催を4月へ延期
2020(令和2)年4月第37期定時総会 新型コロナウィルス感染症拡大の影響により開催中止
2020(令和2)年4月第37期定時総会 書面表決・議決 例会等事業休止
2020(令和2)年6月ひょうご新型コロナウィルス対策支援基金~新型コロナウィルスと戦う人たち応援プロジェクト~へ寄付を実施
2020(令和2)年8月 8月例会より事業を再開
2021(令和3)年3月第38期定時総会※オンライン開催
第18代会長に伊藤泰弘氏(株式会社伊藤テック)

青研 組織図

青研 組織図
(分科会1) (分科会2) (分科会3) (分科会4) (分科会5)
担当副会長
黒田 英登
担当副会長
西口 元晴
担当副会長
瀬口 勝弘
担当副会長
柏木 亮太
担当副会長
若本 賢治
矢尾 晋一
陣内 剛
竹内 新
中村 誠作
宮崎 達次
池邉 亮二
山本 将司
後藤 延彦
佐々本 光宏
西川 慶亮
宮崎 和宣
橋本 敦
藤田 智香
西本 貴春
吉田 和洋
西澤 峰生
大河内 弘毅
北住 小夜
平井 大雅
青山 志浩
福味 洋一郎
向井 康裕
渡邉 政隆
山口 将史
馬野 知子
杉野 正一
池田 龍治
松井 勇樹
長谷 大介
門 直輝
中柴 直樹
竹内 啓
橋本 充雄
梶原 政幸
稗田 晴彦
青野 圭佑
佐藤 寿彦
都倉 信二
岡本 光代
音田 佳彦
南 友広
月城 昌吉
吉田 武史
木村 俊夫
鳥井 洋介
大針 晃
板垣 克英

青研 運営規則

当会の運営規則はPDFをご確認ください。

入会申込み/お問い合わせはこちら

青研 入会案内

入会資格本会の趣旨に賛同した尼崎工業会会員事業所における満50歳以下(年度終了時点)の経営者、後継者、幹部の方。
会費・年額1人36,000円。 (但し、中途入会の場合、月割)
※定例会の第2部情報交換会は別途参加費必要
・事業の内容等必要に応じ、参加者の方に別途臨時会費を頂く場合があります。
入会申込み/
お問い合わせ先
入会希望の方は事務局までお電話(TEL:06-6401-1074)いただくか、「入会申込み/お問い合わせ」ページよりご連絡ください。
入会申込み/お問い合わせはこちら
ページのトップへ戻る
');